MBA・大学院留学

MBA留学情報サイト「MBA Lounge」

ラウンジグループ株式会社は、MBA留学に必要な情報を一度に入手できるMBA情報サイト「MBA Lounge」を運用しています。「MBA Lounge」では、MBA出願希望者向けにセミナー、相談会、出願サポート(エッセイ、CV添削、インタビュー対策、スケジューリング等)、TOEFL/IELTS/GMAT/GRE対策サポートを行っており、イギリス、シンガポール、香港などの各国のMBA相談会も定期的に実施し、MBA留学を目指す人への支援が充実しています。


自らがMBAホルダーであり、数々のMBA及び大学院留カウンセリングの実績を持つプロの日本人MBA留学カウンセラーが、親切、丁寧にサポートいたします。実際に留学を決意された際は、志望校選択、スケジューリング、エッセイ、インタビュー、CV(英文履歴書)添削からメンタルコーチまで総合サポートをご検討ください。


詳しい情報はこちらのMBA Loungeサイトにてご確認ください。




MBAとMasterの違い

ビジネス修士号を取得するための留学では、ざっくりとMBA(経営学修士)またはMaster of Business(ビジネス修士)の2つの選択肢があります。


ビジネス修士号のための留学で、MBAとMaster of Business とでは、一体何がどのように違うのでしょうか。その違いをしっかりと理解した上で、もしあなたがビジネス修士号取得のための留学をしたいと考えるのあれば、どちらが適切なのかをしっかりと検証する必要があります。


MBAは、企業経営学を学び、将来、会社幹部や起業家としてビジネスの分野で活躍したい人向けの学位です。ビジネスに関するあらゆる分野を一年ないし二年で身に付け、経営者としての基礎的スキルを養成する短期合宿のようなところです。


一方でMaster of Businessは、大学で学士号を取得して、更にビジネスに関して特定の分野を学びたいと言う人が多く受講しています。ひとくくりにMaster of Businessと言いますが、大学によってはMaster of Marketing、Master of Accounting、Master of Human Resource Managementなどというコース名で、ビジネスの各分野に特化した分野を約二年かけて学ぶことが多いのが特徴です。


将来ビジネスの分野で国際的に活躍したいからといって、MBA取得を考えているあなたは、本当にそれがあなたにとって一番適切なのでしょうか? 場合によってはMaster of Businessの方が適切ということはありませんか?


留学後の自分のキャリアプランをしっかりと考えて、どちらの留学スタイルが自分にぴったりなのか考えておくことは必須ですよ。


外国人クラスメート

合格するMBA出願の秘訣(全7回)


       


  

      


  

合格するMBA出願の秘訣【マインドセット編】






大学訪問レポートの一例








連載記事

連載記事

大学診断

受講生の声

会員さんの声

お問い合わせ